初代α9とTAMRON 35-150 F2-2.8 で散歩と鳥撮影

写真日記

はじめに

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 カメラとレンズ本体

おおよそ散歩には似つかわしくない大仰な装備で、とにかく疲れてしまい、30分程歩き回って帰宅しました。

一応、これでもメインのカメラとレンズなので、トレーニングしてスナップでも使えるようにはなりたいのですが、いかんせん撮影する気概がある時でなければ手に余る巨大なシステムになってしまいました。

スナップ撮影

秋葉原のスナップは撮りがちなので、あえて電気街ではない方面を散歩してみました。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 書泉ブックタワー

書泉ブックタワーは、秋葉原でおそらく一番巨大な本屋です。
一棟全て本屋専用のビルと言うものは、現在はかなり希少なのでは無いでしょうか。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 路地裏

こういった何もない路地も結構好きです。
なぜか雰囲気が出ます。
この系統は、モノクロで撮りたいですね。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 路地裏から望むビル

構図的には微妙ですが、路地の隙間から見上げるビルです。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 室外機の墓場

室外機の集合住宅

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 歩道橋のような何か

ウロウロする事で、初めて行くような変な橋兼歩道橋のような所へ流れつきました。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 シールの海

歩道橋の終わりには、もはや看板の内容が全く察することができないデコられた何かがありました。

鳥撮影

基本的に、私は鳥を撮る事はしてこなかったのですが、川に丁度カモメ?のような鳥が飛んでいたので試し撮りしてみました。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8. かもめ?

純正レンズではありませんが、そこそこAFは追いかけてくれます。
秒間20連写も、十分過ぎる速度です。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 かもめ 羽拡大

拡大してみても、破綻の無い写りだと思います。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 着陸寸前
秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 かもめ ビル背景

こんな状況でも、ピントは後ろに抜けません。

秋葉原 散歩 スナップ α9 TAMRON 35-150 F2-2.8 かもめ 2羽

さすがはα9で、特にAFの設定も追い込んでおらず、動物AFにもしておらず…なんならレンズもサードパーティー製…みたいな状態で、カメラを適当に振り回してもそこそこ撮れてしまいます。

ブラックアウトフリーな秒間20連写は、この年代以降のミラーレスでないと実現していません。

鳥撮影をするなら、初代α9でもそこそこ遊べますので、おすすめです。

撮影に使った機材

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9

320,000円(07/23 18:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
ソニー 縦位置グリップ VG-C3EM

ソニー 縦位置グリップ VG-C3EM

26,800円(07/23 21:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

最後に

このシステムで住宅街をお散歩すると完全に不審者になりますので、行くなら観光地等、カメラを振り回しても大丈夫な場所がおすすめです。

ダンベルかと思うほど重くて大きいため、このシステムを使うためにぜひ筋トレをして頂ければと思います。

写りは、その重さと価格を考えると、やはり値段なりに良いものです。
野鳥撮影にも、少し興味が出ましたので、山に行かずに撮る方法を考えようと思いました。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました